ヤンヒー病院の概略と診療科目

ヤンヒー病院は、1984の設立以来、信頼と安心のもとに36以上の診療科と診療センターをかかえる国際的な病院へと成長しました。

代表的な診療科目としては、美容整形(美容外科・形成外科)、総合診療センター、性別適合手術センター、総合診療外科センター、ウェイトコントロールセンターです。

または骨・接骨センター、ヘアケアセンター、婦人科センター、美容タトゥーセンター、デトックスセンター、レーシックセンター、X線センター、小児科、美容皮膚科、ENTセンター、静脈瘤治療科、フィジカルセタピー科、歯科・審美歯科、精神科、麻酔科、総合内科、肝臓科、消化管内科、胃腸科などがあります。

このようにヤンヒーホスピタルは多岐にわたり診療を行っていますので、これはMDクリニックと並んで、ダイエットサプリなどのご希望にこたえることが簡単にできます。

そして所在地は地区内で一番大きな総合病院となりますので、やはり、結局はこれが既存のタクシーですとほぼ全てのタクシーが迷わす案内できます。

予約から診察までの流れ

初めての診察の流れは、まずは仮予約からとなります。無料でメールにて相談できますので、なるべく具体的に相談内容を書く方がスムーズに進みます。

治療内容が決定しましたら、ヤンヒーの仮予約に進みます。その際に用意すべき必要なものは、お顔の画像・患部の画像・GID診断書・ホルモン履歴書となります。

お支払いと国際線の航空券が確認できましたら、お申し込みの確定となります。

そして、ご来院の後には、日本人またはタイ人のスタッフと担当医とで治療内容の確認や診断、治療内容の手順を決めます。

全てのスタッフは英語を理解でき、日本人スタッフも的確にサポートにあたるとの口コミでもかなり安心できます。

治療内容が決まったら、手術・入院へとうつります。術後のアフターケアもしっかりと行います。

ヤンヒー病院は、健全な運営と高品質な医療ザービスを心がけることで、世界中の信頼を得ることができています。

そして、品質保証を含んだダイエットサプリ、顧客満足の向上を目指すための規格と、それぞれの環境に配慮された組織であるとここでは認定されていることを表す規格を取得しております。 それが期待にこたえることのできる病院として成長しています。

また、海外からも多くの方が訪れるため、各国の医療機関と協力し、勉強会や講習会を行い知識の共有をはかることで、更に日々の向上に努めています。

このようにヤンヒー病院はアジア最大の美容・健康ホスピタルとしても今は知られております。

患者の方を十分にケアし、安心して過ごすことのできる環境が整っています。

やはり、特に性別適合手術部門では、世界でもっとも術例の多い病院として世界中から支持をうけています。

個人各々にあったオーダーメイドのヤンヒー病院

ヤンヒー病院では、世界で初めて個人に合わせたオーダーメイドの肥満治療薬を処方するヤンヒーホスピタルダイエットがあります。

処方されたダイエットサプリを飲むだけで確実に効果があると実証されているため、多くの方が利用しています。

効果的に十分な減量を得るために12週間は継続することが望ましいです。

これは、肥満を病気ととらえることで、その肥満治療薬としてヤンヒー総合病院が開発した安全で有効な処方薬品となります。

そのため、海外のモデルや、タレント、日本でも芸能人などが愛用しており、MDクリニックと同様に人気となっています。

日本では肥満に対する研究が遅れているため、有効な治療がないのが現実です。

このホスピタルのダイエットサプリは安心して使用することができる、有効的な治療薬となります。

ただ、副作用が激しい偽物が多数でまわっているため、注意が必要です。

このヤンヒーホスピタルダイエットの治療薬は個人輸入代行で入手することができます。

また、旅行のついでに、ホテルからの送迎・翻訳付で直接医師の診察をうけて、処方することもできます。

このようにヤンヒー総合病院は健康と美への選択肢は無限にあり、それを求める気持ちに最高の医療チームがこたえます。

ヤンヒーダイエットは副作用で死亡するレベル?

東南アジアのタイが発祥とされるヤンヒーダイエットは正直、日本で育った女性にはおすすめできないレベルの危険な副作用が伴う方法で、死亡例も実際にあります。

はっきり言ってしまえば、美容のためには整形だけでなく薬も手段を択ばないという考え方や風潮がこの国にはあります。

例えヤンヒーダイエットがリスクのある方法であったとしてもお金を払うのであれば成功しなければ意味がないとされるのです。

それは結果的に副作用で体調が悪化したり死亡したとしても痩せる事が出来たのであれば、成功と言う結果になるのです。

そういった考え方やそもそものダイエットに対する病院の治療方法なども大きく異なりますので、ヤンヒーダイエットは日本人には向いていないでしょう。