厚生労働省が認めたサノレックス

サノレックスは、厚生労働省に承認されている内服薬で、満腹中枢の刺激と食欲中枢の抑制という作用が期待できます。 これにより、食事による過剰なカロリー摂取を回避することが容易となるので、効果的なダイエットをサポートするために利用できます。 ダイエットサプリの基本は、摂取カロリーを消費カロリー未満に抑制することです。 これにより不足したエネルギーの分だけ皮下脂肪が使用されるので、体重が減少することになります。 このために、摂取カロリーを抑制するための食事制限と、消費カロリーを増加するための、有酸素運動の組み合わせがサノレックスは非常に有効となります。 ただし、室内の運動により消費するカロリー量は、それほど、これは多いわけではありません。 例えば、ここで体重60キログラムの人がフルマラソンを完走した場合の消費カロリーは約2500キロカロリーです。 計算上はこれは体重を1キログラム減らすために必要なエネルギー量の7000キロカロリーの半分未満にとどまっています。 つまりフルマラソンを2回完走したとしても、理論上は体重を1キログラムも減らすことが出来ないということになります。 このために、こういったダイエットサプリにおいて最も重要となるのが、ここで摂取カロリーをいかに抑制するかということになります。 消費カロリーを上回った場合は、運動との組み合わせを上手く行ったとしても、ここからスムーズに体重を減らすのは非常に困難です。 こうしてサノレックスをここで服用しても最低でも消費カロリー未満という状態をキープしなくてはなりません。

中枢神経に作用し空腹感を抑えるサノレックス

ただし、食べたいものを我慢するということは、非常に苦痛を伴うものでストレスへとつながってしまいます。 ストレスが蓄積されると様々な不調を引き起こしてしまうので、健康的なダイエットの妨げとなります。 サノレックスは、中枢神経に的確にアプローチすることにより、このような事態になるのを防ぐということが、具体的に期待できる効果となります。 まずはサノレックスの薬を服用することにより、食べたいという意欲が抑えられます。 それを踏まえると、これは、身体の内側に働きかけたことによるものです。 これが食事制限による辛さを緩和させます。 ダイエット中のストレスを軽減する効果があるので、成功する確率を高くします。 ここでは食事制限によるダイエットサプリを長期的に行った場合は、栄養不良により身体は飢えた状態に変化します。 吸収力が高くなるので、少し食べただけで体重が増加するという状態になります。 このために口コミを見ると、かなり我慢しても体重が中々減らないので、途中の挫折へとつながります。 通常よりも吸収力が高い状態で過食をした場合は、当然体重は急激に増加することになります。 いわゆるリバウンドと呼ばれている現象であり、スタート時よりも重くなってしまうケースも少なくはありません。

筋肉や体重が落ちるのでサノレックスは服用可能な人が制限される

また、ダイエット中に筋力は低下してしまうので、代謝能力も同時に低くなります。 代謝能力が低下するということは、痩せにくい身体に変わるということです。 つまり、ダイエットサプリで失敗すると次のチャレンジの成功率まで低くなるということであり、計画的に実行しなくては将来にも影響してしまいます。 サノレックスを使用することは、ダイエットの成功率を高くすると共に、失敗する確率を低下する効果も同時に期待できます。 サノレックスは厚生労働省に承認されている薬で、肥満度が70パーセント以上の高度肥満者に対しては健康保険が適用されます。 通常の服用量は、1日に1度昼食前に1錠としており、1日に3錠まで増量することが可能です。 一方、サノレックスの副作用は、喉の渇き、便秘、吐き気などです。妊婦や小児、高血圧症の人や精神疾患のある人の服用は禁止されています。 また、極端な低体重を実現するために使用することも禁止されており、用量と用法を守って使用しなくてはなりません。