オルリスタットは海外のモデルも使っている

日本でも人気が高く、安全なダイエットサプリとして知られているオルリスタットは、北欧のスイスの製薬会社であるホフマン・ラ・ロシュ社で開発された脂肪吸収阻害薬です。

この世界的に有名で、トップモデルたちに絶大な支持を受けているダイエットピルは、商品名がゼニカル、成分名がオルリスタットと呼ばれている製品です。

そして、このオルリスタットの大きな効果は、なんと言ってもです。

これは食事で摂取した脂肪を体内に吸収することなく、そのまま体外に排出するという驚くべき性質を持っているという口コミです。

そのため、肥満の人が多い米国では、FDAという米国内のダイエットサプリを認可するような組織から認可を受けています。

すでに肥満治療薬として認められ、多くの人に使用されていますが、これは日本ではまだ未認可であるためです。

このダイエットピルを手に入れるためには病院で処方してもらうか、またはネットの個人輸入でこれから入手するようになります。

食事で摂取した脂肪の3割をオルリスタットで排出

なお、ここでの病院での処方では、自由診療扱いとなるため、一錠が500円からと高額ですが、これは実際は個人輸入では一錠100円ほどです。

入手可能のため個人輸入が人気なのですが、病院での処方とは異なり、すべてが自己責任となることや、個人輸入時の問題や危険性、薬の副作用などの危険性を考えるとなるべく医師の指導下の下で服用が望ましいといえるでしょう。

そして、このような脂肪吸収阻害薬であるオルリスタットは、このように脂肪を体内に蓄積させる酵素リパーゼの働きを阻害する役目があります。 食事で摂取した脂分の3割を体外に排出することから、食前の服用で摂取カロリーを大幅にカットすることができるというメリットがあります。

そのため、オルリスタットの飲み方では、高カロリーの食事でも脂分を体外に排出する機能性があるのです。 食べたいものを我慢したり、辛いダイエットをしなくても良いことから、使用しやすく、海外では、モデルの体型維持に必須アイテムとされるほどの人気となっています。

また、これは基本的にはオルリスタットは、重篤な副作用がほとんどなく安全性の高いダイエットサプリとしても魅力的な効果ですが、これは、服用したオルリスタットは、体内に留まらず、99%が脂と共に体外に排出されるためなのです。

しかし、オルリスタットの効能でもある消化吸収を阻害する働きは、このように必然的に下痢につながるというような悪いデメリットもあります。 軽いおならをしても油分が漏れてしまい、下着を汚すことがあるので、服用時のおならにはくれぐれも注意が必要で、必用に応じてナプキンなどの使用も考えると良いでしょう。

オルリスタットの副作用

副作用としてはダイエットサプリの相場では少ないものの稀に肝機能に障害が出ることもあることから、肌がかゆくなったり、目や皮膚が黄色くなったり、食欲不振などの肝障害などの症状がでたら医療機関をすぐに受診するようにしましょう。

また、日本で合法的に個人輸入ができる医薬品のなかでも、オルリスタットは唯一中枢神経系に作用しない肥満治療薬です。 これは、脳に偽の満腹感を与えることによって食欲をなくさせるというもので、他にも有名なダイエットピルがありますが、これは薬事法にかかるなどの理由で医師の管理下での服用が厳守で個人輸入は認められていません。

このようなオルリスタットですが、飲み方で効用が効果的な特殊タイプとしては、体型管理が必要で体重を維持したい人や、ダイエットに成功したもののもう少し痩せたいと思っている人に特に向いていて、こちらの使用方法は、成人で一錠を一日2~3回、食事中、または食後1時間以内に経口投与しますが、ダイエットした後に服用するとリバウンドを防いで効果的といわれています。

なお、脂と共に一緒に吸収されるはずのビタミンA、Dが不足することから、肌がカサカサになるので、魚や野菜などを普段より多く補う必要があります。

このようなオルリスタットのダイエットサプリの効果は、米国の治験では、一年間の投与で60%の成人で5%の体重減少が、27%の成人では、10%の体重減少が報告されています。

日本では大正製薬がオルリスタットを販売する?

抗肥満薬であるオルリスタットを日本向けに開発する権利を大正製薬が取得したことが話題になっています。

日本では大手と言える製薬会社ですが、世界的に見ても今後、このジャンルは競争が激化しそうです。

しかし、日本人が敢えて海外で販売されているオルリスタットを購入するよりは、大正製薬の様な所で改良されたものを使用した方が安心感と言う意味では良いのではないでしょうか。

当然のことながら食生活だけでなくダイエットに関する文化も異なります。

オルリスタットが海外では評価を受けていても日本人の体質には合わずに効果がでない可能性も高いのです。

もちろん大正製薬の抗肥満薬に限らず、使用をしないで痩せることがベストですが、優先順位的には日本の企業を先に選択していきましょう。