フォースコリーはリバウンドの可能性がある

元来の名前の由来はフォースコリーとは、補助するダイエットサプリのことです。

成分であるフォルスコリンを摂取することにより、体重の減少に役立つ働きをしてくれます。

ダイエットの目的は、体重を減少させることです。しかし、単純に体重を減少させるだけでは、リバウンドを引き起こしてしまうような可能性があります。

その理由は、体重を減らすということは、少なからずこのように筋肉も減少させてしまう、という事態を引き起こすからです。

これは特に食事制限だけで努力を行っている場合には、リバウンドの可能性がフォースコリーでも、かなり上昇してしまいます。

食事制限だけで痩せようとするダイエットサプリの問題点は、これは筋肉を落としやすいということです。

摂取カロリーの削減は、体に必要な栄養素の摂取量の削減に、ここからつながります。

体は足りない栄養素を補うために、フォースコリーは筋肉や脂肪を消費して、それによってエネルギーを作り出すのです。

このとき、運動の習慣が無い場合には回復する必要が無いために問題になります。

そのため、ここで体重が減少したとしても、減ってしまう割合が多い場合があり、これが俗に言うリバウンドに繋がります。

フォースコリーはテストステロンの分泌を増やす

筋肉が大切なのは、基礎代謝の向上をもたらしてくれるからです。何もしなくてもエネルギーを消費してくれるため、ダイエットにとても役に立つのです。

また運動を行うことにおいても、筋肉がついているときのほうが消費カロリーが多いのです。

なので、ダイエットサプリで、リバウンドを引き起こさないように痩せるためには、脂肪をなるべくここでは減少させましょう。

そして消費量を最小限にする必要があるのです。

副作用がありますが消費量を減らすことに役に立つのが、フォースコリーです。

含まれている成分であるフォルスコリンには、摂取することによりテストステロンの分泌量を増やす、という内容の便利な働きをしてくれるのです。

体脂肪を減少させ、そして筋肉を増強してくれるという働きがあります。

テストステロンは男性ホルモンの一種であり、これが体の認知機能や記憶力、体力、筋力など様々な活動を円滑にこれから行うために必要なホルモンです。

更年期障害の一つで、記憶力ややる気が無くなるという現象が引き起こされるのは、ダイエットサプリのフォースコリーのテストステロンの分泌量が少なくなってしまうということも要因になります。

運動を行うことにより分泌されます。特に高強度な運動を行うことが必要です。

最大心拍数の九割前後を維持するようなインターバルトレーニングを行ったりします。

ボディビルダーのように最大限に疲労させる、というようなトレーニングを行うことにより、かなり多く分泌されるようになります。

基礎代謝を維持しながらダイエットサプリ

テストステロンはアスリートやボディービルダーにとって、筋肉を発達させるために必要不可欠なのです。

そのために、分泌量を増やすために、食事やトレーニングの内容について考える必要があるのです。

パフォーマンスや筋肉の増量において、それほど大切なホルモンであるのです。

痩せる事においてもテストステロンは重要になります。

分泌量が多いほど、体脂肪を減少させることが可能になるからです。

ダイエットサプリのフォースコリーが役に立つのは、このテストステロンの分泌を促進させる成分であるフォルスコリンが含まれているからとの口コミです。

またダイエットがやはりリバウンドを引き起こし辛いのは、体脂肪を減少させることが目的であるため、基礎代謝を維持しながら体重を減らすことが可能になるからです。

フォースコリーを使用することで、テストステロンの量を増やすことで、日々の生活や運動の際に、脂肪を使用しやすくなるのです。

スタイルを維持する佐藤江梨子さんがフォースコリーの広告に登場

女性から見れば羨ましく嫉妬してしまうレベルのスタイルを維持している元グラビアアイドルで、現在は女優としても評価が高い佐藤江梨子さんが、DHCの公式ホームページを見るとフォースコリーの広告に起用されています。

実際にこういったタレントが本当にダイエットのために飲んでいるかどうかは定かではありません。

しかし、もし若い二十代や三十代の女性が佐藤江梨子さんのスタイルを見て服用すればそうなれると勘違いしてはいけません。

知名度も高く誰もが知っている女優さんは、プロのトレーナーを専属で付けて計算尽くされたジムでのエクササイズを行ってダイエットをしています。

一般人の様にフォースコリーを飲むだけで食事制限などもせずに痩せようとなんていう考えは微塵もありません。

何故なら、体系も維持する事が佐藤江梨子さんに限らずプロとしての仕事の一つだからです。