ダイエットサプリで肝臓の健康被害

厚生労働省や日本医師会や都道府県の保健所では、ダイエットサプリによる肝臓に負担が掛かる健康被害が成分の副作用として出ていることをネットで公表して注意奮起をしています。

理屈としてはダイエットサプリだけではなく、医師から処方される薬も同様なのですが、常時経口により摂取することで「薬物性肝障害」になるという悪い口コミです。

フォースコリーと同じ位の値段で副作用を気にせず飲みたいなら断然こっち

初心者にスルスル酵素【990円】

既に30万袋売れている!安心度の高さは抜群

楽天1位「生酵素」送料のみでお試し!

楽天やアットコスメのランキング1位を獲得

ダイエットサプリの飲みすぎで副作用が出る

薬物性肝障害を引き起こす最も多いケースとしては、ダイエットサプリの飲みすぎが原因です。 早く痩せたいと逸る気持ちから、決められた摂取量や空けるべき時間を厳守しないでいることで引き起こしてしまいます。 しかし、ダイエットサプリは医薬品ではない為にパッケージに用法・用量を記載することが薬事法で禁止されています。

副作用で肝機能障害が起きる可能性は否めない

海外から購入したものなどは何も記載されていないことで、過剰に飲みすぎても問題ないと口コミで勘違いして副作用が出る事も多いようです。 これはダイエットサプリの成分で脂溶性ビタミンというものが肝臓に一定基準以上に貯まることで副作用が出るようなのです。 かなり危険なので量を抑える・吐き気がしたら間隔を空けることに注意しましょう。

吐き気や頭痛の副作用が出たDHCのフォースコリー

DHCから2012年に発売されたダイエットサプリのフォースコリーの肝臓の副作用が酷かった話をします。 CMでお笑い芸人のQ太郎が起用されたダイエット商品で、大々的に宣伝されました。 上記の画像はamazonで購入した人の口コミですが、「星1つ」の割合が多いのに驚きます。 その方のコメントで多いのが「吐き気」と「頭痛」の副作用で、過剰に飲んだからではなく、初日からという口コミが多いようです。

フォースコリーがバセドウ病を誘発する可能性はあるのか

Twitterなどでも危険な副作用が話題になり、噂話ですが「コレラ」が入っているのではという突拍子もない意見もでました。 何故このような副作用が発生したかというと、多年草という自然界のものをダイエットサプリに減量効果があるということでダイエットサプリで商品化した訳ですが、数人の臨床実験しかしてないことで悪い作用を検証できてなかったようです。 このフォースコリーは「コレウスフォルスコリ」という成分が痩せる作用を促進しているのですが、それ以外のハーブの成分が「吐き気」と「頭痛」を巻き起こした可能性があります。 ハーブというのは良い部分だけでなく薬物性肝障害の原因になりやすい要素でもあります。

海外の危険なダイエットサプリで死亡例

タイにあるMDクリニックという病院で処方される薬が痩せるとの話題で10年前から若い女性の間で人気になっています。 同時に海外からのダイエットサプリの選び方なので、日本の厚生労働省が許可してない分、副作用が強く死亡例も日本で発生していてニュース等で危険なので注意奮起されています。 また東京都の福祉保健局が平成23年に発表したMDクリニックの死亡事例についての考察では、甲状腺を害する成分が含まれているとの口コミです。 甲状腺を悪くすることにより、バセドウ病になり激やせしてしまい肝臓などの健康を害して入院することもあり得ます。 死亡した女性は日本の病院の精神科の薬とMDクリニックを2週間併用していたことで絶命したようです。

危険な副作用があるダイエットサプリメントとは

東京都では因果関係があるとの答えを出してます。 厚生労働省では「ホスピタルダイエット」と称される海外のものは麻薬及び向精神薬取締法で禁じられております。 痩せるのに一番効果があるかもしれませんが、吐き気があったり最悪の副作用は死亡してしまう危険性があり海外のダイエットサプリなので購入はやめておきましょう。 また海外からの個人輸入で購入するので万が一重い障害になっても、自己責任になり自治体が責任を持ってくれないので泣き寝入りになってしまいます。

ダイエットサプリは誰でも製造できるから効かない

世のなかには沢山のダイエットサプリが昔からあり、名前も知らない会社が販売しています。 その仕組みの背景としては「OEM」という誰でも簡単にサプリを作れる外注会社が存在することにあります。 ではどれくらいの費用で作れるかというと、20万円くらいで1種類完成してしまいます。 素人が簡単に作れるのですから、海外のと違い危険な副作用もないが効かない訳です。

DHCのフォースコリーの副作用で下痢になる?

製造した会社はダイエットサプリが売れることだけを考えているので、効果があるかないかは問題にしてないのです。 売れるようにするのに、芸能人を起用したり、ネット広告に莫大な金額を掛けますがダイエットの効果には全く関係ないのです。 過去にヒットした商品を思い浮かべて頂ければ分かりますが、「トマ美ちゃん」や「フォースコリー」は宣伝の仕方が上手だっただけです。 口コミで効かないと悪いことが分かっていても流行のものを買っておきたい女性が多いので、成分はいい加減でOEMで作成し販売することを繰り返し利益を上げているのでしょう。

雑誌の裏やうしろにあるダイエットサプリのモデルはバイト

ビフォーアフターでこれだけ短期間でダイエットできましたというモデルの写真が雑誌の裏などにあります。 逆転の発想で3週間で8キロ太って20万円貰えるバイトのようです。 本当かどうか怪しいものでフォトショップで画像加工しているものもありますが、逆に体重を増やすというのは驚きの発想です。

下痢や吐き気と言う副作用がダイエットサプリにはある?

雑誌の口コミを見て買ってみようという方は、肝臓にも危険なので絶対辞めた方がよいでしょう。広告で言うと雑誌が一番信用度がないからです。 多少は効くダイエットサプリなら新聞の広告に載せれますが、吐き気の副作用が出るような怪しい商品だと却下されるので粗末な商品が雑誌に流れる仕組みなのです。 モニター募集って書いてあっても痩せている人を太らすだけのバイトのようです。

ダイエットサプリは下剤と同じ?

分類としてダイエットサプリを製造するときに「脂肪燃焼」「下剤」「吸収阻害」「満腹系」の4種類に区別されます。 この中で下剤というのは、キャンドルブッシュやセンナやオリゴ糖という多年草に含まれる成分で副作用に近い下痢を引き起こす危険が主として使われています。

絶対飲んではいけない副作用の強い危険なサプリはあるのか?

海外のダイエットサプリでも「脂肪燃焼」のタイプだからといって吐き気や下痢にならないかというと口コミではそうでもなく、複数の成分を組み合わせてOEMで作ることもあるようです。 下剤で多いのは錠剤よりも「痩せるお茶」のタイプで便秘解消を唄っているのが多いです。 勿論、副作用の下痢だけでは宿便が出た分の数キロは痩せることが出来ても、これは根本的なダイエットにはならないので効果がありません。

食欲抑制剤シブトラミンは未承認で頭痛がでる

シブトラミンは食欲抑制剤として脳に働きかける化学物質としてダイエットで注目されていますが、危険なので日本の厚生労働省では未承認となってます。 数年前に痩せ薬としてエーザイがシブトラミンというダイエットサプリの成分を使って発売しようとしましたが却下されています。 効果はお腹が一杯で空かなくなることで食事回数が減り、体内脂肪が分解され痩せるという理屈です。

肝臓への負担が大きいフォースコリー

ダイエットサプリというよりも海外の薬に近いもので、副作用としては頭痛や血圧上昇で特に心臓に悪いとの口コミです。 アメリカでは販売してますが、カナダやフランスでは死者が出て承認を一時取り消したようです。 国内での健康被害事例はないようで、自己責任になりますが個人輸入で上記の「メリディア10mg:Sibutramine(シブトラミン) 10mg」を購入できます。

正体不明なダイエットサプリのミルス(MILS)を暴く

明らかに数人の利益追求のWEB会社がOEMで作ったような「ミルス」というダイエットサプリ。 Googleのサジェストでも2015年現在で上位に出て、まるで「多くの人が自然検索している」ようなスパムの口コミを仕掛けて売りさばこうとしている。 まずは、ミルスの販売サイトのURLが「bkkn.jp」で特定商取引を見ると東京都品川区東五反田4-10-9になっている。 ミルス以外もダイエットだけでなく女性用のサプリを多くの種類をOEMで作って販売しているようで危険です。

体調が悪ければ副作用に関わらず服用は中止しましょう

会社は株式会社ParuPunteとなっていて、これを法務省の登記簿謄本をネットで見るので調査してみました。 上の画像ですがこの会社名では日本では1社だけで、特定商取引とは異なりますが横浜に存在してます。 登記簿ではネット関連・食品関連とあるので同一の可能性が高いのですが住所が異なってます。 次に「ミルス」のドメインをwhoisで調査すると「お名前.com」で代行になっていて所有者の住所を見る事が出来なくなっています。 成分は効かないダイエットサプリなので副作用などのクレーム対応をするつもりがなく、正々堂々と住所を公開しないように思えました。

口コミが多いダイエットカフェの信憑性

ダイエットカフェという口コミ投稿サイトが検索すると多くのキーワードで引っ掛かります。 国内や海外を問わずにダイエットサプリを購入した人が痩せたかどうか5段階で評価してコメントするものです。 運営は2008年からになってまして、副作用や吐き気がしたとかの悪い口コミの総数が2015年現在で8万オーバーは驚愕です。 サイトが危険で信憑性がなければ、ダイエット体験者の投稿を貰うことはできません。

過食症や拒食症に副作用で繋がることはあるのか

このサイトは、whoisのドメイン所有や特定商取引からでは誰が運営しているか一切公表しておりません。 にも関わらず投稿が多数な理由は何かというと、恐らく不満だと思います。 多くのダイエットサプリは副作用どころか効かないので、選び方の是非ではなくお金を払った人がどうにかしてその商品の成分を酷評したいわけです。 低評価することで、売れなくなることで仕返しをしたいという心理かと思います。 ダイエットカフェの利益はGoogleアドセンスという自動広告だけに特定の商品を贔屓しない趣旨を述べています。 綺麗な運営であるのでコメントがステマである可能性は低いでしょう。

自作自演のステマでダイエットサプリを売る業者

若い女性が見たり、読者モデルが多くいるために話題の「croozブログ」はダイエットサプリの宣伝をする場所としては最適になってます。 「croozブログ」では禁止行為になっていますが、秘密のツールでブログの順位を上げてアクセスを引っ張ることが可能なようです。

芸能人のダイエットブログはステマが多い?

ランキングが上がれば多くの女性が訪れるので、そこに自社で作った成分が嘘の効果がないダイエットサプリを飲んで痩せたような体験談の口コミを投稿すれば簡単に売れてしまいます。 自作自演にステマの進化系で、知恵袋などよりも信憑性が高い「croozブログ」なので出来てしまう詐欺です。 2ch掲示板やYahoo知恵袋では、海外の薬は副作用があったり効かないという批判の声が当然なので、ダイエットサプリをステマで売るのは最近では難しいでしょう。 きちんとしたブログを持って、体験者のふりをして危険がないように読者を増やす手法です。